トップページ > 治療各種 > ピアス

ピアスIntravenous VitaminC

ファーストピアスをお考えの方
ピアスの穴を開けた後、炎症が強く出たり、かぶれたりして病院に来られる方も 少なくありません。
当院では、ピアスによるアレルギーや感染症からお肌を守る素材を使用させていただいております。出血もほとんどありません。
問診、承諾書を書いていただき、ご本人が希望箇所にしるしをつけ冷やしてから、医師が施術させていただきます。
未成年の方は保護者の承諾が必要になります。また、妊婦の方は施術はしない方がよいと思われます。

術後の注意

    @ピアスホールが形成されるまでに、約4週間〜6週間かかります。
    その間ピアスは外さないで下さい。汚い手で触らないでください。
    Aピアスと耳たぶ附着面を朝・晩2回消毒して下さい。
    Bシャンプー、ヘアスプレーなどがかかった場合すみやかに洗い流し消毒して下さい。
    C耳たぶが腫れたり、痛みがある時は速やかに来院してくたさい。


セカンドピアス

    ピアスホールが形成されてピアスを購入する際は、18K以上、アレルギーを起こし にくいものをお勧めします。
    1年間は太めの軸のピアスを購入するか、ファーストピアスを 時々使用することで穴の縮少を防ぐことが出来ます。
    ※プラチナ・銀製品は、アレルギーを起こす事もありますのでご注意ください。


基本料金一覧Basic charge list

ページトップへ戻る
Copyright(C) 歯科医院・医療系テンプレート no.001 All Rights Reserved.